【日頃の疲れをとるコツ4選とは⁉︎】疲れを残さない方法

ダイエットの土台づくり

今回のテーマ『疲れをとるコツについて』学んでいきます。

現代社会において、疲れが取れずらいと感じている人が多くいつと思います。

今回はそんな方に試していただきたい対処法を4つ紹介します。

キーワード「質のいい睡眠」

それでは、順に見ていきましょう!!

質のいい睡眠をとるために行う4つのポイント

1.食事は就寝前の2~3時間前に終わらす

2.ビタミンCを多めに摂る

3.睡眠ホルモンを出すために、寝る直前の光を避ける

4.寝る時間を決め規則正しい生活を心がける

疲れをとる一番の方法とは!?

寝ても休憩しても疲れがなかなか取れないということが誰しもあると思います。それには「睡眠」が関係しています。質のいい睡眠をとることで、疲れを改善できるかもしれません!

※疲れをとるには、夜にぐっすり寝ることがとても重要です。

質のいい睡眠のためにできること

質のいい睡眠を得るためには、就寝前の2~3時間前までには、食事を済ませましょう。

寝る直前はなぜダメなのか!?

寝る直前に食べてしまうと、眠っている時に内臓の消化活動が行われるので、眠りの質を下げてしまいます。また、身体は体温を下げることで睡眠モードに入ります。

※食べて体温を上げてしまうと寝つきが悪くなる原因となります。

ストレスを抱えたまま寝てしまうとなぜダメか!?

ストレスを溜めてしまうと、交感神経が優位(緊張状態が続く)となり、身体も休むことができません。これにより、疲れが取れない原因となります。スマホなどの光を見るのも同様です!

※ビタミンCを摂ることで、ストレスへの抵抗力をつけることができます。

※就寝前のビタミンC摂取は快眠にもお肌にも効果的!

規則正しい生活

1日のリズムを正すことはとても大事です。

※身体のバランスを整えることで、疲れやすくなるのを防ぎます。

おわり

疲れが取れない人は4つのポイントを守ってみてください!

疲れが取れることを願っています。

【健康に関する関連記事一覧】

コメント

タイトルとURLをコピーしました